FIRPLとは

FIRPLとは、遠赤外線加工液の呼称です。

FIRPLの性能・効能


世界初の水溶性遠赤外線加工技術から生まれた「高レベル遠赤外線放射パワー」

 

従来の機能性成分は鉱物を粉末に加工し、それを素材に練り込む技術を使用していました。

しかし、これでは繊維に鉱物の3%~5%(含有量)しか練り込めません。

FIRPLの技術は、独自に開発した特殊加工液そのものを繊維に含ませることで相手素材に100%のパワーを移譲することが可能となったのです。

そのため、高レベルの遠赤外線放射体へと変え「Ensekigaisen ~遠赤外線~ を着る」ことが可能となりました。

 

FIRPLとは世界初の水溶性遠赤外線放射体加工液」のことを言います。

分かりやすく言うと、皆さんご存知の備長炭、トルマリン、ゲルマニウム、セラミックなど、生命体にとって有益な遠赤外線の高レベル放射体を液体に変えたものです。

従来の遠赤外線放射体はそのままの形状であればもちろん高レベルの放射体になるのですが、例えば繊維に練りこむことになると粉末に加工しなくてはなりません。しかし、それには大きな弱点があったのです。粉末にして繊維などに練りこませる場合、重量比で3%~5%しか練りこめないのです。従って固形物本来のパワーを相手素材に移譲できないということです。

そこで研究を重ね完成したのが、相手素材を高レベルの遠赤外線放射体(固形物本来のパワーと同じ)に加工できる遠赤外線加工液です。この加工液は備長炭、トルマリン、ゲルマニウム、セラミックなどの粉末を水溶液にしたのではなく、独自のバイオ理論に基づき長年をかけて辿り着いた技術です。これにより、相手素材に100%本来のパワーを移譲することが可能になったのです。

特にこの遠赤外線加工液は波長8ミクロンから14ミクロンを高レベルで放射・輻射します。 

遠赤外線による水分子の活性化

遠赤外線は太陽光線の一部で、赤色可視光線の外側にあり、赤外線(身体に吸収する光)の一番波長の長い分野を遠赤外線(3~1000ミクロン)と呼びます。

その中でも6~14ミクロンの遠赤外線(活性光線)は、生物の健全な生育と深いかかわりを持つことから「生育光線」と呼ばれています。

人間はおよそ50%~70%(新生児75%、胎児90%)が水分で満たされています。「生育光線」は体内の水分子と共鳴振動を起こすことで、細胞の代謝が活発になり生育が促進されることで、正常な生命維持活動が行われ健康維持に繋がります。 


アルファ波の発生

アルファ波とは5つある脳波(シータ波、デルタ波、ベータ波、ガンマ波)のうちの一つで、主に心体のリラックス時や集中状態の時に発生する脳波と言われています。

効果としては、精神活動が活発になりストレスを軽減させたり、良い集中状態を保てたり、免疫力を高めたりするなど身体にたくさんの良い効果をもたらすと言われています。

皆さんが日常生活時によく発生しているのがベータ波と言われています。ベータ波とは意識が緊張や心配している時、精神的に多少のストレスを感じる時に発生します。それと、肩こり・腰痛などの筋緊張を巻き起こしている時も発生すると言われています。あまり良い脳波とは言えないですよね。

このFIRPLを身に着けると水溶性遠赤外線放射体による高レベルの活性光線の作用により、経穴(ツボ)が刺激され、脳に「気持ち良い」という信号が送られて大脳から前頭部まで強いアルファ波が発生し、身体も強いリラックス状態にいたるのです。

FIRPLを加工したシャツを着た時の脳波比較。

着用後8~30秒で前頭葉部分にアルファ波が誘発されているのが分かると思います。


FIRPLの効果検証

【安定した高レベルの放射体】

遠赤外線の理想的な放射体に 黒体に対して、生命体にとって有益だとされる8ミクロン~14ミクロンの波長帯で非常に高い90%以上の放射率を測定しました。

【血流促進効果】

水溶性遠赤外線放射体加工の毛布と未加工の毛布で、頸動脈と胸部の血流がどう変化するか測定しました。被験者の安静時に比べ、それぞれ60%、55%血流量がUPしています。

【体温の上昇】

サーモグラフィによる体表面の温度の上昇ですが、これは熱くなったのではなく、血流の促進におって本来の体温に戻しただけなのです。それだけではなく、着用わずか15分で免疫力が22%も改善され、体調を崩しにくい体に近づくということです。

【疲労回復効果】

被験者の背筋に一定の負荷を与え、その後未加工Tシャツ(上グラフ)および遠赤外線加工Tシャツ(下グラフ)を着用したら筋電位がどう変化したかを見ました。電位の振れが大きいと筋肉の疲労は大きいと言われています。一目瞭然ですが下のグラフの方が筋電位の振れが少なくなっています。 


【睡眠力の向上】

人間の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠のきれいな波長がとても大切だと言われています。FIRPLの血流促進効果や疲労回復効果や強いアルファ波の発生が良質な睡眠力を促していきます。

【犬猫にもアルファ波が】

測定機器はトポグラフと言って、脳波の状態を色で表す装置です。

黄色から赤色にかけて表示される領域は、アルファ波が強く出ていることを表します。

【消臭効果】

従来の消臭は嫌な臭いに良い匂いをかけてしまうマスキング、多孔質の物質(活性炭)による吸着、化学薬品による分解、バクテリアなどによる分解の四つの理論で説明されています。FIRPLの消臭理論は、空気中の二酸化炭素や酸素などの気体分子活性化により臭い分子が包み込まれることで起こる消臭です。アンモニア臭、酢酸臭、アセルアルデヒド臭に対して複数他機関による消臭データが取れています。

【100回洗濯後も新品同様の効果】

製品は放射レベルが一定値をクリアしたものだけを出荷しています。なので、効果の不均一性はありません。また、効果も長時間持続するように開発しているので、耐洗濯性繊維製品で100回以上、靴下・サポーター・パンストでも50回以上洗濯しても効果は新品同様です。プラスティック等樹脂に練り込んだ場合は形がある限り効果が続きます。